屋上防水に広く利用されている塩ビシートを使った工法とは?

美しく丈夫な住宅にするために~屋上防水~ 美しく丈夫な住宅にするために~屋上防水~

光触媒塗料で屋外防水がおすすめ

男女

屋上防水の施工方法には色々なパターンがあり、それぞれの住宅に合わせて最適なものを選ぶのが一般的です。ここでは一般的に利用されている防水工法をご紹介します。メリットを確認しながら、上手に利用しましょう。

一般的に普及している防水工事

  • ウレタン防水工事
  • ゴムシートを使った防水工事
  • 塩ビシートを使った防水工事
  • FRP防水工事
  • アスファルト防水工事

防水工事では、住宅や商業ビルなどの建物の規模や使用目的に合った施工方法を選ぶことが大事です。費用が安いからと合っていない施工方法を選ぶと、十分な効果が得られなくなってしまうでしょう。

特に普及しているのは塩ビシートを使った防水工事

塩ビシート防水には、利用者に嬉しい特徴がいくつもあります。はじめて防水工事を実施する人も、以前行なった防水工事で不満を感じた人も、塩ビシート防水を選ぶと良いでしょう。ここでは、住宅の屋上防水によく利用されている塩ビシート防水の特徴を紹介します。

塩ビシート防水が持っている特徴

薬品や天候に負けない耐久性
塩ビシート防水では、塩化ビニール樹脂系シートを用います。この素材は薬品や摩擦、紫外線やオゾンに対して高い耐久性を持っています。シートのつなぎ目を熱風と接着剤で熱溶着されるため、接着強度が高く水密性をしっかりと確保できるのです。薬品や天候に負けないという特徴は、防水工事の中で大きなメリットと言えます。
メンテナンスフリー
高い防水性を維持するために、こまめなメンテナンスを必要とする他の施工方法もあります。そのような施工方法は、それだけ劣化が早いとも言えます。塩ビシート防水の場合は、基本的にメンテナンスが不要です。つまり、耐久性が高いのです。施工時も施工後もあまり手間が掛からないため、コストを抑えられます。
均一な防水層を実現できる
塩ビシート防水に用いられる塩化ビニール樹脂系シートは、品質が管理された工場で製造されるので、均一な厚みになっています。そのため、均一でムラのない防水層を実現できるのです。大手ハウスメーカーでも採用されていることから、高品質の施工方法と言えます。
多様な防水工事の上にも設置可能
前回どのような施工方法で防水工事を行なっていたとしても、塩ビシート防水なら利用できます。前回設置した防水処理の撤去作業も必要ないため、ゴミの発生とコストの両方を抑えられます。まさに、人と環境に優しい一石二鳥の施工方法なのです。
屋上緑化にも最適
太陽光発電や屋根緑化を取り入れる一般家庭や企業が増えています。屋根の防水性を保ちながらソーラーパネルの設置やガーデニングが行えることも塩ビシート防水の強みです。通常の屋根緑化では植物の根による屋根の侵食リスクが考えられますが、塩ビシート防水には耐根性があるためそのような心配も不要です。
住宅の屋上をおしゃれにコーディネートできる
防水工事用の塩ビシートと聞くと青色や灰色、緑色などの単調なデザインのものをイメージするかもしれませんが、近年は花柄やアニマル柄などの様々な製品が用意されています。お洒落なデザインの塩ビシートを選べば、気分も楽しくなるでしょう。

このように、塩ビシート防水はいろいろな特徴を持っているため、屋上防水を行なう際によく活用されています。

TOPボタン